趣味から考察する「個」の重要性

toru

はじめまして。WEBコンサルティング事業部のtoruです。

初めてのブログ投稿となります。

唐突ですがみなさんにとって「生涯熱中できる趣味」ってありますか?

私は「野球」です。見るのも好きですし、実際プレイするのも好きです。(最近はバッティングセンターに行っても依然と比べて当たらなくなりましたが・・・)

私は性格上、好きなものにとことんのめり込むのですが、野球に関しては小学生時代からどっぷりとのめり込んでいます。

 

そんな私が最近感じることがあります。あくまで私見ですが、今の現役のプレーヤーに「華」を感じさせる選手、もっと言うならば「この選手を見たい!」と思わせるプレーヤ-が減ったということです。

私は野球には贔屓チームを応援するという側面の裏に、自分の好きなプレーヤーを見るという楽しみがあると考えております。

思えば私が野球を好きになったきっかけは、野手ならドラゴンズ・ジャイアンツなどを渡り歩いた落合博満氏(前中日ドラゴンズGM)に憧れたことがきっかけでした。

落合博満氏の「オレ流」の生き方に子供だった私は強く憧れ、バッティングフォームを当時真似したものです。(けっして万人受けするタイプの人ではありませんが・・・)

ビジネスマンとしての人生を歩んだ今もなお落合博満氏を崇拝している私は、落合博満の著書「采配」を熟読し、その著書に書かれている一文「前向きにもがき苦しんだ経験は必ず自分を成長させる」を励みに日々精進をしています。

 

そんな落合博満氏を見るために子供のころに球場に足を運び、胸を躍らせ、今なお影響を受け強く憧れている私ですが、今のプレーヤーにそのような存在がいなくなってしまったなぁ・・という寂しい思いが私の率直な感想です。(日本ハムの大谷は好きですが)

 

個が埋没した時代といわれる昨今ですが、私自身尊敬する落合氏のように、自己成長と個の重要性を意識しながら、日々の業務に励んでいきたいと考えております!