SNSfacebookTwitter

NEWS & BLOGS

PRブログ

エージェントの違いとは?転職を経験したからこそ気づけたこと

下杉 理恵のプロフィールアイコン

下杉 理恵

エージェントの違いとは?転職を経験したからこそ気づけたこと

こんにちは、RIEです。
人材コンサルティング事業部で、採用ニーズのある企業様と、転職のニーズがある求職者様のお引き合わせをさせて頂いております。

私自身も転職組です。人材エージェントの力を借りてこそ実現した転職もありました。その時に経験したメリット・デメリットがあるからこそ、私は他のエージェントにはないonly oneの付加価値を提供することをいつも目標としています。

利用者側・エージェント側双方の側面から見て、ヘッドハンティング・人材紹介エージェントとしての価値は交渉力にあると私が思っています。

自分の力ではできないことがあるから人の手を借りるわけであって、人の手を借りる時、その人は自分の望んでいるレベルかそれ以上の何かを成し遂げてくれると期待するかと思います。逆を言えば、期待値を下回るパフォーマンスしかできないエージェントは、その人が自分でなんとかすればできたかもしれない可能性すら奪いかねない。

そう考えると、私達エージェントの立ち振る舞いは求職者様の人生すら変えてしまうくらいの影響力があるわけで、一つ一つの出会いを大切にし、候補者様の声にしっかりと耳を傾け、そして本気で向き合っていくことが大切であると思っています。

頭で分かっていながらも自分の言動がそこから程遠いと感じて反省する事もよくありますが・・。

ただ、相手の声に耳を傾け向き合っていく事は、必ずしも候補者様方の希望を丸っと受け入れる事とは違うとも思っています。

その方が目指しているところの本質を見極め、考えを尊重しつつ、必要な知識や情報を提供することで軌道修正のお手伝いも必要に応じてしていく。求職者様の夢や目標が現実化していくための実践的なネクストステップを意識してこそ、真に行くべき道を提供できると思っています。

私が常に意識しているのは、「カウンセリング」ではなく「コンサルティング」です。皆様にとって最善のキャリア選択肢を一緒に考えます!