SNSfacebookTwitter

NEWS & BLOGS

PRブログ

営業一筋16年

久保谷 透のプロフィールアイコン

久保谷 透

営業一筋16年

はじめまして。Webコンサルティング事業部の久保谷です。
ブログタイトルにも記載の通り、私は2002年の新卒時より現在に至るまで営業畑に従事しております。

これまでのキャリアの中で中間管理職の立ち位置の際も、自身の営業案件や会社からお預かりしたメンバーとの同行訪問など、結局は社内にいる時間以上にお客様先に赴く時間が圧倒的に多く、営業現場での仕事に明け暮れるなかで今日に至っております。
今回はそんな私のこれまでと個人的な営業職の魅力を簡単にご紹介いたします。

結論:この仕事をこんなに長く続けるとは考えていませんでした(笑)
営業=「ノルマ」「きつい」といったネガティヴな先入観をもっていた私は、新卒時における就職活動の際はなるべく非営業の職種を応募していました。しかし時は就職氷河期の真っただ中。そんな甘い願望が通ることなく、結局は国産自動車メーカーのディーラー営業という「希望していない職に配属」されました。

この会社は5年ほど勤務しましたが毎日コツコツとお客様先を訪問していたこと、
初めてのご契約をいただいたときのこと、会社からいただいた歩合をよからぬことに
無駄遣いしたことを今でも昨日のように思い出します(笑)
そんな日々を繰り返すなか、私の思考から非営業の仕事に就きたいといった願望はなくなっていました。

営業職の魅力:「答えのない仕事」であるということ。
そんな私がこの仕事を長く続けてこれたのはこの一言に尽きます。
過去に似たシチュエーションや商談の背景の中にセオリーはあっても、人間対人間の仕事に「絶対」は存在しません。それはこの仕事の難しさであり、楽しさでもあると考えています。

今現在就職活動をしている方、異業種から営業職に挑戦を考えている方も多いかと思いますが、
ぜひこの「答えのない仕事に」答えを求めてみてはいかがでしょうか?