SNSfacebookTwitter

NEWS & BLOGS

PRブログ

Webディレクターの仕事とは

今村 芽以のプロフィールアイコン

今村 芽以

Webディレクターの仕事とは

こんにちは!
Webディレクターの今村です。
今回は、僭越ながら「Webディレクターの仕事」についてお伝えしたいと思います。

Webディレクターって、いつもどんな事をしているの?
と友人や他事業部の方からよく聞かれる今日この頃です。

サイトを制作する上で、デザインをする人はデザイナー、それを構築(コーディング)する人は
コーダーと、必ず弊社ではチーム制でプロジェクトを進めています。
では、ディレクターは何をするのか?その仕事範囲はとても広く、全てを完璧にこなせてはいませんが…極論、デザイナーとコーダーが担当しない所を担当します。

弊社は、コーポレートサイトに携わらせていただいくことが多いのですが、主にディレクターは
以下のような事を担当しています。

・営業担当から案件受注の背景をヒアリング
・営業担当と一緒にクライアントの所に伺い、プロジェクトの目的であったり、要望をヒアリング(キックオフミーティングと呼ばれるものです)
・クライアントからヒアリングした内容を、社内のチームに発信
・プロジェクトのスケジュール作成
・サイトのプランニング・要件定義・情報整理(構成作成)・案件によってはコピー制作
・構成案を通して、クライアントの要望をヒアリング・再提案
・撮影があるプロジェクトはカメラマンのセッティングや撮影の指揮
・デザインやコーディングといった成果物の確認
・成果物に関してのフィードバックの対応

ざっくりとあげてみましたが、ほとんどが”コミュニケーション”が仕事の内容です。笑
やはり1日を振り返ると、クライアントとのメールのやり取り・電話、社内のミーティングといった
”コミュニケーション”で終わる日もよくあります。

クライアントと実際にお会いしてその業界の事を深く知れたり、サイトの0から1を考える面白さ、
プロジェクトの1から10まで携われることができるのは、ディレクターの醍醐味だと思っています。

ディレクターの仕事の大半は”コミュニケーション”とお伝えしましたが、
だからこそ日頃から大切にしていることがあります。
それは、”常に相手の気持ちを考えること”です。
クライアントに送るメールの文面や電話でのお話、社内のコミュニケーションも同じくです。
コミュニケーション不足や空回りすることもしばしばですが、それは素直に反省し、
明日のコミュニケーションに活かしていきたいと思っています。

ということで、私の仕事はコミュニケーションなので、ご相談はいつでもウェルカムです。
コミュニケーションを重ねて、素敵なサイトを作りましょう!