SNSfacebookTwitter

NEWS & BLOGS

PRブログ

" 家庭内通貨 " の威力!

starlaboのプロフィールアイコン

H.S

家庭内通貨の威力!

今回はプライベートなお話です。
我が家ではここ1年くらい家庭内通貨を導入し"お小遣い報酬制"を取っています。

親として多くの学びや反省を体験できましたので、
振り返りの意味も込めてシェアさせて頂こうと思います。

導入の目的としては主に2点です。

└ ① 子供へ守らせたいルールを根付かせる
└ ② 子供たちの主体性を育む(お手伝い精神)

①に関しては「習慣化させたいルール」を躾の一貫として定着させるのに効果大でした。
例)
・寝る前に歯磨きをする。
・食事の前に手洗い&食後の片づけ。
・好き嫌いをせずに食べる。etc..

"親から子供へして欲しいこと。やならければいけないこと"
を明文化することで、子供も理解が進みますし意識も強くなることを実感。
報酬を得るための強制力も働くためしぶしぶ実行というケースが大半なのですが・・w

※始めは定着しにくいものの見守っていると加速度的に上達します!
 反省点として・・親が調子に乗ってしまうとルールが厳しくなり、
 縛られている感覚が強くなってしまうので、最低限のルールだけ適用した方が
 初期運用は上手くいくなーと感じます(夫婦できちんと設定することが重要)

②に関してが本目的です。
自分で設定した目標に対して評価(報酬)をもらうという行為自体が素晴らしい体験で、
決してお金を稼ぐ目的ではなく、自尊心を育むための上手いツールだと感じています。
例)
・親の助けになることを進んで行う(何に困っているか察知する)
・学校や習い事の課題に対して取り組む(諦めない・胆力)
・今までやれなかった事にチャレンジする(上昇志向)

※我が子の特徴として、承認欲求は強いんですが自己肯定感が低いのが悩み。
 結果ではなくプロセスに対して評価をしてあげる。認めてあげることで、
 次も挑戦してみよう!ミスしても頑張ってみる!と前を向いてくれるので、
 親としても気付きや学びが非常に多かったです。

■まとめ

導入の恩恵を最も感じているのが「コミュニケーションの活性化」です。
子供と意思疎通が上手くできるようになったのは勿論のこと、
夫婦間でやりとりや課題共有が行われることも多くなりました。

子供の成長は本当に面白いですね。
これからも色々なことを仕掛けていきたいと思います!