NEWS & BLOGS

PRブログ

ラーメン屋さんから感じたCS(顧客満足度)について

T.Kのプロフィールアイコン

T.K

ラーメン屋さんから感じたCS(顧客満足度)について

私は美味しいものが大好きです。
美味しいものには、時間もお金も惜しみません。

そんな大好きな中の一つに、ラーメンがあります。
「白河ラーメン食べたいな」と思ったら車で福島まで行きます。
また、大好きなラーメン屋さんの一つに、千葉県の杉田家があります。
主観なので非礼と思いますが、怖そうな見た目の人たちが働いています(笑)

今回は、そこでのエピソード。

その日も高速を使って遠路はるばる食べに行きましたが、帰りの道中に忘れ物をして
しまったことに気づき、お店に電話をして次回取りに行くことを伝えました。
その際、店長は「送りますから」といってくれたため、「着払いでお願いします」と
言い終話しました。

後日、無事忘れ物は宅急便で届きました。
しかし、それは元払いで送付されており、杉田家の自家製海苔までつけて送って下さっていたので、
私は驚いて電話で御礼を伝えました。

数日後、また食べたい発作が起きたため、お礼に缶コーヒーを多めに買って向かうことにしました。

若い店長はラーメンを作りながらもこちらに出向き、
「わざわざ食べに来てくれるだけでいいのに、気を使わせてしまってすみません」と言い、
頭を下げ厨房へと戻りました。

また、気を使ってくれて餃子などサービスして下さいました。
お店を出る際も「遠くから来てくださりありがとうございます。お気をつけてお帰りください」
と笑顔で私たちを見送り、私たちはとても心地よくお店を後にしました。

何気ない出来事ですが、改めて私はこのお店のファンになりました。

ここで働く人たちの
・職人としてのプライド
・謙虚さ
・お客様への感謝の気持ちと行動

何気ないひとときですが、とても素晴らしいお店だと感じました。

この出来事にマニュアルなどはないと思います。
平準化という意味でマニュアルは必要だと考えますが、
本当の感動や心を掴むことは、それぞれ個人が持つ人間力なのだと感じた瞬間でした。

人間力を育てるということは課題の一つであり、やろうと思ったけど。。一回やってはみたけど。。。
継続は難しいものですよね。
意識的な動作を無意識まで高めるということは、そう簡単ではないと思います。
今後も一番長い時間を共にしている社員同士で、お互いが笑顔になれる取り組みを
率先していき、人間力もES(従業員満足度)もより高めyou!