NEWS & BLOGS

PRブログ

ちょっと調べれば何でもできちゃう時代

M.Sのプロフィールアイコン

M.S

ちょっと調べれば何でもできちゃう時代

マーケティングコンサルタントの庄司です。
バイクの購入とコロナ禍における新しい生活様式をきっかけに始めた
初めてのソロキャンプについてお話したいと思います。

6年振りにライダー復帰

結婚して2人目の子供が誕生するタイミングで、16歳から乗り続けていたバイクを手放すことになったのですが、かねてからのバイク仲間より、どうしてもバイクを譲り受けてほしいというお願いを受け、昨年3月に約6年振りにライダー復帰しました。

バイクを譲り受けてからは、休みの日に日帰りでツーリングに出かける日々だったのですが、 夏を過ぎた頃にバイクを譲ってくれた友人より連絡があり、「キャンプツーリングで使用していたテントあげるよ」と連絡があり、ラッキーなことに無料でテントを譲ってもらうことになりました。

Youtubeで調べてAmazonで購入

せっかくテントを譲ってもらったので、キャンプツーリングにチャレンジしてみるか!という気になり、まずはキャンプに必要なものは何か調べることから始めました。
持ち物一覧はネットで調べてすぐ把握することができたものの、今、流行っているツールは何か?
どんなキャンプをしている人が多いのか?便利なもの、不要なものは何か?を調べるために、 毎晩のようにYoutubeをチェック。
Youtubeにはツール別の比較や使い方、実際のキャンプの様子など、色々な動画がありキャンプ初心者にとって有益な情報がたくさんありました。
その情報を基に、キャンプ場で何をしたいか?どんな風に過ごしたいか?をイメージしながら、購入するものを選定し、Amazonで調べて購入するを繰り返し、必要なものを揃えました。

動画配信サービスでモチベーションアップ

雨の日にキャンプに行くとなると、装備品が多くなりバイクでは大変なため、天気の良さそうな週末に直前で決めて、実行する必要性があり、始めからソロで行く決意をしていました。
そのため、あらかじめ予約不要で良いロケーションのキャンプ場を探しておき、荷物はバイクに積むだけの状態を整え、天気予報とにらめっこをしながら、決行の日を待ちました。
その間に晩酌の時に、昨今のキャンプブームの一役を買った、女子高生がバイクでソロキャンプをするアニメを観てモチベーションを高めました。笑

初めてのソロキャンプに成功

9月中旬。いよいよ天候に恵まれそうな週末を迎えることになり、予定通りの時間に起きたのですが、バイクへの荷物の積載が予想以上に時間がかかり、キャンプ場の到着時間が遅くなったこともあり、危うく満場でキャンプ場に入れなくなるところを、ギリギリ滑り込むことができ、優しい方がスペースを譲ってくれたこともあり、川沿いの絶好のロケーションにテントを張ることができました。
スタートに躓きがあったものの、その後は炭火焼肉をしながら晩酌をしたり、缶詰を直火にしてつまみにしたり、朝ごはんは即席のラーメンを食べて、お湯を沸かしてドリップしたコーヒーを飲みながらゆっくりするなど、事前に想定したキャンプ場でやりたいことを達成し、かなり充実した初めてのソロキャンプに成功しました。

初めてのこともネットで調べれば誰でもチャレンジできる時代

インターネットが普及する前は、専門書を読んで調べる。経験がある人に聞く。
専門店で教えてもらったり、専門店のイベントに参加する。習い事に通うというのが一般的だったと思います。
インターネットが普及してからも、一部の人がブログなどで公開した情報を真似してチャレンジする人もいたと思いますが、現在は圧倒的に色々な障壁が無くなっていると実感しました。
情報は無料でいつでも誰でも、ネットや動画で調べることができる。
欲しいものはECサイトで、模倣品の安いものからこだわりの高いものまで、自宅で購入して家まで届けてもらえる。
技術的なことや、静止画や説明書だと分かりづらいことも、動画で分かりやすく学ぶことができる。

緊急事態宣言下の現在では、できることが限られてはいますが、家の中でできることもたくさんあるため、何か新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?